被害者にならない為の知識-精神薬を学ぶ-

精神医療被害連絡会 公式メールマガジンユーザーの為のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

抗うつ薬の治験データのメタアナリシス

重要です。
これはもう結論に近い。もう自死と抗うつ剤の関連性の論争は必要ない。

参考文献
日精協誌、第31巻・第4号2012年4月号
『大うつ病の薬物療法のエビデンスアップデート:無効、増量、自殺性』
京都大学大学院 医学研究科健康増進・行動学分野教授 古川壽亮

ここに示された事実を列挙してみる。

FDAで最近認可された抗うつ剤について、FDAに登録された全ての臨床試験データを入手したメタアナリシスの結果。

・74本のプラセボ対照無作為割り付け比較試験(RCT)のうち24本がプラセボと有意差が示せなかった。有意差を示せたポジティブな研究は38本。

・その有意差のない24本の内、論文化されているのはわずか3本。ポジティブな38本は37本が論文化されている。

・この数字を別の見方をすると、通常プラセボで2か月後の反応率(重症度が半分になる)が半分になる率、寛解率は、それぞれ40%、20%程度と考えられるが、抗うつ剤の使用でそれが52%、30%に増えるという意味に置き換えられる。

・抗うつ剤の増量は、効果は若干増加するが、副作用(脱落率)はそれにまして増加する。

・年齢別自殺リスクの増加は40歳を境にして、40歳以下は増加、40歳以上は減少する。

八咫烏(やたがらす)-年齢別自殺性リスク

これは以前示した年代別自殺率増減のグラフとピッタリ符合します。

八咫烏(やたがらす)-推移

・児童青年における抗うつ剤のベネフィット
大うつ病 児童:効果なし 青年:8
強迫性障害(OCD) 児童:5 青年:6
不安障害(OCD以外) 児童:4 青年:3
*数字はNNT、プラセボに対して効果が得られる症例数、つまり大うつ病で効果がでるのは8人に1人ということ。

・自殺性は、抗うつ剤投与で、60人から100人に1人が希死念慮、自殺準備、自殺企図が現れる。

この論文の著者は、次のように解説している。

児童青年における自殺性のNNHはうつ病でも不安障害でも60~100程度、つまり抗うつ剤を投与すれば、投与しなければ見られなかった希死念慮、自殺準備行為あるいは自殺企図が60人~100人に1人、余分に生じると言われているので、このリスクと上記のベネフィットを天秤にかけなさい、それも患者ごとに、と添付文書は説いているのである。
少なくとも12歳以下の鬱病に対してベネフィットがリスクを上回る場合はかなり珍しいと考えられるであろう。大人に効くから子供にも効くだろう。あるいは、こどもは別なので大人に効いても子供には効かないだろう。あるいは、子供で自殺性が増えるから大人でも増えるだろう、という推論は全て裏切られた。


皆さん、これを読んでどう思いますか?

現時点での、最高のエビデンスから導かれた結果です。
抗うつ薬を開発販売する製薬会社が、薬の認可を得るためにFDA(米国の厚労省と思えばよい)に提出した治験データ・論文の分析結果です。
これ以上のエビデンスはこの世に存在しません。

もう一度重要な事実を整理します。
これは現時点でのほぼ結論です。

・子供のうつに抗うつ剤を使うベネフィットは無い。
・抗うつ剤は、うつで8人に1人、強迫性障害、不安は3~6人に1人にしか効かない。
・抗うつ剤は60~100人に1人に自殺性リスクを高める。
・若年層には、2倍から3倍の自殺性リスクがある。

これを別の表現に変えると、
抗うつ剤は、若年層のうつには8人中7人は効果が無く、副作用のみが出現する。
抗うつ剤を投与された若年層の20人~50人に1人は自殺性リスクにさらされる。

さらに言い換えれば、
若年層で、うつと診断された8人中7人は、何の効果もないにも関わらず、20人~50人に1人は自殺性リスクにさらされるという事である。

30万人の児童/青年が抗うつ剤を投与されているとすると6千人~1.5万人が自殺リスクにさらされていることになる。

さらにこれは製薬会社による治験データであり、バイアスの存在は否定できない。
これはほぼ単剤でのテスト結果であり、意味不明な抗精神薬病薬との併用や、多剤大量処方によりさらにリスクは増加している。

抗うつ剤と自死の関連性は、正式なデータでもこれほど明確なのです。

FDAはポジティブな研究が2本あれば原則としてその薬を認可する。日本のPMDAは、ポジティブな研究が1本でも認可する。
例えば、ジプレキサの双極性障害のうつ適用は、うつ症状の睡眠の増加、食欲の増加の有効性だけで認可されている。元気が出るとか、気分が上がるとかという効果はない。

ジプレキサは、うつに効くらしい。
その単なる噂レベル、ラベルのうつに効くという効能書きだけ見て、うつにジプレキサを処方する馬鹿が山のように存在する。

また、この論文の筆者は、次の様に述べている。

もちろん、ネガティブな研究が出版されていない、だから実はTurnerの研究が出るまで(2008年)世界中の誰も抗うつ剤の本当の効果を知らなかったという非難は正しい。そしてこの非難は、現在、大うつ病に対する抗うつ剤以外の、精神医学のみならず身体医学を含めた全ての医学的介入について当てはまる非難であることは、医学・医療を一生の生業として選んだ人間にとって、悲しいという形容を超えた実態であろう。

パキシルの医薬品添付文書から、若年層への投与禁忌を外すのは、児童精神科医達によって推進され、家族会などが後押しした。その方々はこうした事実を理解して行ったのであろうか?そうだとしたら、これはもう犯罪である。

子供のうつ病に抗うつ剤は効かない。
青年のうつ病の8人に1人にしか抗うつ剤は効かない。
それに対して20~50人に1人は自殺関連副作用が出現する。


これはもう誰に語っても良い真実である。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 15:38:57|
  2. 抗うつ薬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

SSRI副作用と減薬

■SSRI副作用

精神科治療学多剤大量処方特集2月号
「気分障害治療における多剤併用がもたらす精神症状の複雑化-田島治医師」より引用

重篤な希死念慮の無かった6例のうつ病患者にフルボキサミン(ルボックス、デプロメール)を投与したところ、

これまで経験したことのない強度かつ暴力的な希死念慮のとらわれが2~7週間後に出現した。この状態は、フル

ボキサミンの中止後、3日間~3か月持続した。

SSRI割賦症候群
1. 希死念慮のあるうつ病患者を割賦
2. うつ病が逆に悪化
3. アカシジア(強い焦燥と運動不穏)の惹起
4. パニックと不安の惹起
5. 躁や躁鬱混合状態の惹起
6. 不眠や睡眠構造の障害の惹起
7. 強迫的な自殺へのとらわれの惹起
8. 敵意を伴うボーダーライン状態の惹起
9. 脳波活動の変容の惹起

抗うつ剤の長期投与で生じる問題
・逆説効果(うつの悪化)
・双極性障害における抗うつ剤誘発性スイッチ
・抗うつ剤に対する耐性の出現
・種々の離脱反応の出現
-離脱による気分の正常化
-抗うつ剤中止による気分効用
-抗うつ薬離脱躁病・軽躁病(気分安定剤併用下でも出現)
-抗うつ剤の長期投与による脳の変化が元に戻るのには抗うつ剤離脱後も数か月以上かかる。

SSRIによる情動変化
1. 全般的な情動の変化
-全情動の強さが低下ないし情動欠如、情動平板化ないし鈍麻
-感情より思考に、感情の理解が困難に
-感情が偽者で人工的に感じる、情動コントロールが容易に
2. 要請感情の低下
-強さと頻度が低下(興奮、喜び、楽しさ、愛情、情熱、熱狂いずれも)
3. 陰性感情の低下
-強さと頻度が低下(悲しみ、怒り、攻撃性、不安、心配)

■SSRIの減薬

米国減薬サイト
http://www.comingoff.com

出来たばっかりのサイトのようですが、SSRIの減薬についての記述があります。
本記事は、その解説です。

このサイトでは、SSRIの減薬に対して、ベンゾジアゼピンの減薬時のように薬物血中濃度の長いSSRIへの置き換

えを推奨しています。しかしながら、以下の理由で置き換えは同意しません。

1.ベンゾジアゼピンのように薬効、薬理が類似しておらず。同じSSRIといってもその作用機序は随分と相違が

ある。
2.SSRIのなかで唯一半減期の長いフルオキセチン(プロザック)は日本で未承認。

同記事に薬物相互作用の記述があります。その中で併用薬との減薬の順番についての記述がありますので転載し

ます。

Fluoxetine and Fluvoxamine increase plasma concentration of Carbamazepine therefore come off

Carbamazepine first.
デプロメール(ルボックス)とカルバマゼピンの併用時は、カルバマゼピンを先に減薬せよ。

Fluvoxamine increases plasma concentration of Olanzapine, therefore come off of Olanzapine first
デプロメールとオランザピンの併用時は、オランザピンを先に減薬せよ。

Fluvoxamine increases plasma concentration of some benzodiazepines, therefore come off of

benzodiazepines first
デプロメールとベンゾジアゼピンの併用時は、ベンゾジアゼピンを先に減薬せよ。

Plasma concentration of Paroxetine is reduced by Carbamazepine therefore come off Paroxetine first.
パキシルとカルバマゼピンの併用時は、パキシルを先に減薬せよ。

Paroxetine increases plasma concentration of Procyclidine therefore come off Procyclidine first. If

you are taking a neuroleptic (anti-psychotic) also, come off the neuroleptic before starting to

reduce Procyclidine.
パキシルと抗パ剤は、抗パ剤を先に、もし抗精神病薬も併用していれば、抗精神病薬を先に減薬せよ。

Sertraline increases plasma concentration of Pimozide, therefore come off of Pimozide first
ジェイゾロフトとピモジドはピモジドを先に減薬せよ。

このサイトでは、薬物相互作用で影響を受ける側の減薬を先に行う事を推奨しています。
  1. 2013/01/02(水) 15:56:33|
  2. 抗うつ薬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SSRI・SNRI18歳未満に効果が無いことが添付文書に明記

(重要)SSRI、SNRIの医薬品添付文書の改訂の重大な意味
http://www.info.pmda.go.jp/riscommu/riscommu_list.html
*マスコミ・ジャーナリストの皆様には是非とも取材をお願いしたい。

選択的セロトニン再取込み阻害薬(selectiveserotonin reuptake inhibitor:SSRI)は比較的新しい抗うつ薬であり,欧米では1980 年代末から1990年代前半にかけて承認され,日本では1999年にルボックス(デプロメール)、2000 年にパキシルが発売された。2001年以
降,患者団体が重篤な離脱反応について訴訟を起こし、これら重篤な副作用についての英国BBCテレビの連続番組が話題となり,2003年には18歳未満の大うつ病性障害患者への投与について英国・日本では禁忌とされ,米国では使用しないようにとの勧告が出された。

その後、2006年になってこの禁忌処理は取り消されることとなる。
その理由は以下の通り、

パロキセチンの禁忌が削除された理由(安全対策調査会の答申から抜粋引用)

1. 市販後に18歳未満の患者で自殺関連の国内副作用報告がないこと
2. 18歳未満の大うつ病性障害患者に対する薬剤の有用性を示唆する症例報告があること
3. 日本児童青年精神医学会から治療の選択肢として必要であるとの要望があること
4. 現時点で、米国、欧州では禁忌事項に該当していないこと

 ただし、この禁忌が削除された代わりに、医療関係者に注意を促す意味で、「18歳未満の大うつ性障害患者に投与する場合には、適応を慎重に検討すること」(一部省略)という「警告」が新たに設けられることになった。
 一方、パロキセチンの禁忌措置の見直しとほぼ同時に、パロキセチンに加え、SSRIのマレイン酸フルボキサミン(商品名:デプロメール、ルボックス)、およびSNRIは塩酸ミルナシプラン(商品名:トレドミン)に関しても、自殺企図のリスク増に関連して添付文書が改訂された。具体的には、「効能・効果に関連する使用上の注意」の項目が3剤で統一され、「抗うつ剤の投与により、18歳未満の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、抗うつ剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること」

という記述になった。

禁忌が解除された理由は、
1.実際に自殺した18歳未満の自殺者がいない。
2.18歳未満の大うつ病患者に効果がある。
であるから、この禁忌処置を解除したということである。

ところが、今回の医薬品添付文書の改訂は、
「海外で実施された18歳未満の大うつ病性障害患者を対象とした臨床試験の有効性について」のものである。
つまり効果が無かったということ正式に認めたに等しい。。

以前お伝えした通り、FDAの抗うつ薬メタアナリシス(2008年)で、児童青年の大うつ病患者への効果は無いことは既に実証されていた。
今回のPMDAの対応は、そうした結果を受けての動きだろう。
つまり、効果があるから禁忌を外したが、結局効果なんてなかったという事。

被害者が居ないという理由ももちろん否定されている。
(私が知ってるだけで、もう何人もいるし、副作用報告もされている)
それどころか、前述のFDAの同研究でも、児童青年の自殺リスクは、2~3倍増強されることが証明されている。

結局、効果が無い薬で何人もの自殺者が出ているということが判明した。

指摘しておきたいのは、
まず、この事実が判明してから既に4年の歳月が流れているということ、これは許しがたいPMDAの怠慢である。
副作用報告制度が如何に機能していないかという事でもある。

さらに追及してもらいたいのは、
2006年の禁忌解除時に効果があったとする症例報告、児童精神科医達の利益相反である。

既に禁忌を外す理由は否定されているのであるから、一旦、これらの薬剤(他の適応の無い)の18歳未満の大うつ病患者への禁忌処置を復活するべきである。

こうした事実を踏まえ、それでもこうした薬剤を容認するなら、少なくともこうしたリスクを引き受けた被害者の救済は最低限の義務である。
  1. 2013/03/15(金) 14:13:28|
  2. 抗うつ薬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抗うつ薬の副作用/離脱の患者報告

イタリアと米ハーバードや加マクギル大など複数の北米大学の研究者らが、データマイニング手法でSSRIの副作用や離脱期間を調べた研究が報告されています。
SSRIを服用する患者が集まるフォーラムをはじめ、いくつものメンタルヘルスに関する英・米ウェブサイトに集積された患者の"自己申告情報"を分析したものです。

"Patient Online Report of Selective Serotonin Reuptake Inhibitor-Induced Persistent Postwithdrawal Anxiety and Mood Disorders"
(選択的セロトニン再取り込み阻害薬によって引き起こされる長引く断薬後の不安・気分障害 ― 患者オンライン・レポート)

Psychother Psychosom 2012;81:386–388
(DOI:10.1159/000341178)
http://www.karger.com/Article/FullText/341178

調査対象とされた薬剤
パロキセチン (商品名パキシル)
セルトラリン (商品名ゾロフト)
シタロプラム (商品名セレクサ)
フルオキセチン (商品名プロザック)
フルボキサミン (商品名デプロメール、ルボックス)
エスシタロプラム (商品名レクサプロ)

SSRIの平均服用(治療)期間 5.13 年 (中央値 4.5年)
SSRIの断薬症状平均継続期間 2.5年(中央値 2.1年)

持続性断薬後障害 数ヶ月~数年 (6年継続の報告もあり)

この研究を取り上げた"NEWS MEDICAL"の記事には、これまで考えられていたよりもはるかに断薬症状が重く、また継続期間も長いとして、次のような研究者のコメントがあります。

"What impressed me exploring these websites has been that these patients feel deserted from official psychiatry. New research on how to interpret and address this symptomatology is badly needed".
「これらウエブサイトの調査で印象深いのは、断薬を経験する人の多くが公式な精神医療から見捨てられていると感じていることだ。こうした症状をどのように解釈し、対処するかについての新しい研究が急務である。」

http://www.news-medical.net/news/20130321/Alarming-report-on-persistent-side-effects-of-antidepressant-drugs-published-online.aspx?page=2
  1. 2013/04/03(水) 00:01:24|
  2. 抗うつ薬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うつ病ではなかった躁うつ病でしたと言う嘘

Biswasらは抑うつ状態を呈した学習障害のある成人122例を対象としたレトロスペクティブな研究で、SSRIによる躁的な症状の出現について検討している。ParoxetineかFluoxetineの長期投与により、気分の高揚が39%に、問題行動が38%に、攻撃性が37%、睡眠の減少が37%、多弁が26%、激越興奮が24%、過眠が7%、性欲亢進が4%の患者で出現したことを報告している。症状出現までの期間をみると、3か月には40%であり、残り60%は3か月から33か月の間と、かなり後から出現することが示唆されている。両薬剤で比較すると多弁、多動、興奮などの出現頻度は、fluoxetineに比べてparoxetineのほうが明らかに多いことが示されており、注意が必要である。
さらに若年層では、双極スペクトラムともみなされるようなSSRIによる精神・行動面の副作用が出やすい事が知られている。ここで小児・思春期の不安障害の患者を対象として、米国で実施されたfluvoxamineの臨床結果の解析結果を示したい。これは6~17歳、平均10歳の不安障害患者45例(男子24例、女子21例)にfluvoxamineかプラセボを25㎎から強制増量で250~300㎎まで投与した8週間の試験における賦活関連の副作用の出現についての解析結果である。賦活関連の副作用としては多動、賦活、脱抑制など、躁的な症状がある。その結果をみるとfluvoxamine投与群22例中10例(45%)に躁的な状態が出現したのに対して、プラセボ群では23例中1例(4%)のみであった。こうした症状の多くは4週目以内に出現し、賦活関連の症状が出現した群では、出現しなかった群に比べて、8週目におけるfluvoxamineの血中濃度が有意に高値であったこと、年齢、家族における双極性障害や不安障害の有無などは関連がなかったことなどが示され、若年層に高用量を投与すると、比較的短期間の投与でも、躁的な状態が出現しやすいことが示唆されている。つまり、現在趨勢となっている、すべてを患者の有するbipolarityと言う素因に帰することには問題があることがわかる。
  1. 2013/05/05(日) 03:49:27|
  2. 抗うつ薬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「前頭葉の神経細胞 抗うつ薬で若返る」という悪質極まりない嘘

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2013/11/11(月) 01:30:24|
  2. 抗うつ薬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。