被害者にならない為の知識-精神薬を学ぶ-

精神医療被害連絡会 公式メールマガジンユーザーの為のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自律神経と向精神薬副作用

(安保徹先生との面談、著書より当会が執筆)

 自律神経は、交感神経と副交感神経のことである。交感神経は、エサ取り行動、つまり日中のアクティブな活動を司り、副交感神経は睡眠時や食事などゆったりした状態をもたらす。交感神経が優位であれば、様々な活動の臨戦態勢を取るということですが、唾液の減少、血管の収縮(高血圧)、気管の拡張(酸素を多く取り込む)、心拍数増加、集中力や運動性の向上など、身体に対していわばストレスをかける状態です。副交感神経の優位は、その逆で、膵液の増加、血管の拡張、気管の収縮、心拍数の減少などリラックスした状態です。また分泌系ホルモン(成長ホルモン)などは、副交感神経優位の状態で分泌されます。

 交感神経は、アドレナリン、ノルアドレナリンやドーパミンというカテコールアミンという神経伝達系によって支配されています。方や副交感神経はムスカリンやニコチンといったアセチルコリン系によって支配されます。

 交感神経と副交感神経は、シーソーの関係で、交感神経が優位であれば、副交感神経は劣位となり、逆に副交感神経が優位であれば、交感神経が劣位となります。

 これらの自律神経の働きと、向精神薬の薬理作用(作用、副作用)を照らし合わせると見事に一致することに驚きます。交感神経優位に働くのは、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン作動薬で、また副交感神経優位を邪魔するのが、ムスカリン遮断薬です。前者は、リタリンやコンサータ、ストラテラといった覚醒剤やドーパミンアゴニストのエビリファイ、後者は抗コリン作用を持つ抗精神病薬(定型抗精神病薬やジプレキサ)や3環形抗うつ薬などです。これらの薬は、覚醒剤であれ、抗コリン作用薬であれ、交感神経優位に働きます。

 自律神経が、交感神経優位であるか副交感神経が優位であるかは、白血球の顆粒球とリンパ球の比率で分かります。顆粒球が多ければ交感神経優位、リンパ球が多ければ副交感神経優位という事です。

 顆粒球過多つまり交感神経優位の状態が長く続くと次のような症状が現れます。倦怠感、不眠、不安感、便秘、食欲不振、肩こり、腰痛に始まり、さらに高血圧,白内障,胃潰蕩,多臓器障害,発癌などが誘発される。さらに副交感神経優位で行われる内分泌、外分泌細胞の働きは停止し、血糖は上昇し(インスリンが分泌されない)、口渇となる。頻脈も。さらに抗コリン作用で認知症リスクも高まる。さらに、副交感神経優位では、物事を認知する能力が高まるが、交感神経優位では回りが見えなくなるなど認知機能が低下する。

 どうでしょう?交感神経優位の状態が長く続いて引き起こされる症状と向精神薬の様々な副作用症状が見事に一致することが判ります。逆にドーパミン遮断によるパーキンソニズムの涎れも説明できます。

 ということは、向精神薬の様々な副作用は、副交感神経優位(リンパ球の増加)になれば解消されるということが出来ます。

 以前、あおぞらクリニックの菊池医師が、向精神薬ユーザーは自律神経が固定化されていると仰ってましたが、それはつまり交感神経優位に固定化されているということでしょう。

 安保先生には、自律神経を整えるにはどうすれば良いのかということをお聞きしたかったのですが、やはり、特効薬的な対処方法は無いということです。唯一、確実なのは、副交感神経優位になるには、身体を温めることだという事です。冷え症の改善が、向精神薬の副作用の軽減に繋がるということです。

 また、交感神経を刺激する薬物の継続的な長期使用しているうちは、これら副作用症状は改善されないという事です。また、交感神経優位では、成長ホルモンも分泌されず、血管も収縮し、睡眠の減少、認知機能低下を起こしますので、これらの薬剤を長期に使用すれば、子供の成長、知能、知覚の発達も阻害されるという事です。これは浜六郎先生も別の知見から同じ結論に至っています。

 ここまでで、生命維持に必須な自律神経にみだりに外部から干渉することが如何に馬鹿げたことか分かって頂けたでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2014/01/26(日) 22:34:01|
  2. 自律神経
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向精神薬の副作用症状の多くが自律神経症状

向精神薬の副作用症状の多くが自律神経症状

 向精神薬の服用後に生じる様々な副作用症状。もっとも知られているのは、抗コリン作用を持つ向精神薬によって引き起こされる便秘や口渇。医薬品添付文書には、これらの症状が出れば薬を減らすか止めるように記載されているが、多くの場合副作用止めとして便秘薬が処方され投薬は継続されることも多い。これらが進めば、さらにイレウスや水中毒といった重篤な症状に陥る場合もあります。自律神経のバランスから見れば、便秘も口渇も交感神経優位の状態です。また、減薬過程で様々な離脱症状に困っている方々の症状もまた交感神経優位でもたらされる症状と見事に一致します。
このことに気が付いてから、減薬中で様々な不快な身体症状を伴う20名以上の方に病院で自律神経の指標である白血球の分画を調べて頂いたら、ものの見事に全員交感神経優位の状態でした。離脱症状で一番多い訴えは不眠であるが、睡眠ももちろん副交感神経優位でもたらされるものです。その他、向精神薬服用者は、自己免疫疾患(リュウマチ、橋本病、甲状腺異常、SLE)などの症状、QT延長や頻脈などの心疾患症状、またパーキンソン症候群やアカシジアや遅発性ジスキネジアなどの神経症状、痛み等を訴える方も多数いらっしゃいます。これらの症状も、交感神経優位でもたらされる自律神経症状として捉えれば説明可能です。交感神経症状

  1. 2014/11/12(水) 11:58:09|
  2. 自律神経
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストレスや薬物の長期使用により乱れる自律神経バランス

自律神経のバランスは白血球の分画で測定可能
 自律神経のバランスは、白血球の分画(顆粒球とリンパ球の比率)を調べることで知ることが出来ます。これは、ごく普通の血液検査項目で、どこのクリニックでも検査可能です。健康な大人で、平均で顆粒球が60%、リンパ球が35%となっています。
強いストレス状態にあるときや、薬物を長期使用すると、このバランスが狂うことになります。正常値の値は、リンパ球35~41%の間、顆粒球が54~60%の間となります。リンパ球が30%を下回り顆粒球が65%を上回るようになると交感神経優位ということになります。自律神経の働き

人間は、運動や、生きるために必要な様々な活動は、日中に交感神経優位になることで行える訳ですが、逆に夜になると副交感神経優位となり、ゆっくりと休養することにより、睡眠はもとより、解毒代謝作用も、また様々なホルモン分泌も行われるということです。ずっと交感神経優位となるということは、いわば昼夜問わず常に戦闘態勢にあるということですから、当然不眠となり、必要な栄養吸収もできず、病原菌などに対する免疫機能も低下するということです。
また、人体に有害な活性酸素の90%は、交感神経優位の状態で増加する顆粒球が死滅するときに発生しますが、この代謝、無毒化も副交感神経優位で活発になります。交感神経優位では、さらに血流が悪い状態ですから、活性酸素の除去もうまくいかず、これが様々な症状を生んでいると考えれば、向精神薬服用者の多岐に渡る副作用症状の説明は可能なのです。
血球割合
  1. 2014/11/12(水) 12:03:34|
  2. 自律神経
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間の成長と自律神経

子供は副交感神経優位で育つ

 子供は、副交感神経優位の状態で成長します。副交感神経優位の状態で子供は様々な細菌や毒物から身を守るようにできており、成長の過程で様々な免疫を獲得していきます。副交感神経優位で発症する病気の代表が喘息やアトピーといったアレルギー症状です。アレルギー反応は副交感神経配下での免疫系の過剰反応によって引き起こされます。小児ぜんそくやアトピーの多くが大人になると自然に治るのは、成長すると大人の体が交感神経優位に切り替わるためです。また子供が良く寝るのは、成長に必要なホルモンが分泌される為にも、知能が発達する為にも十分な睡眠が必要であるためです。そのためには副交感神経優位である必要があるのです。ADHD治療で使用される覚せい剤(コンサータ、ストラテラ)は、強力な交感神経刺激剤ですから、常用すると成長が阻害されます。結果としてこれらの薬を服用する子供は、同年代の子供に比べ身体の成長が遅れると共に知能の発達も遅れ、交感神経刺激によるイライラや攻撃性が現れるのは、交感神経が人工的に刺激されることになるからです。
 子供が健全に育つためには、夜には安心して良く睡眠がとれ、ゆっくりと食事を採る環境が必要で、昼には活発に遊ぶことで、様々な免疫を獲得し、丈夫な大人へと成長するということです。いわゆる思春期とは自律神経バランスが子供から大人に変わる過程です。思春期の問題の多くは、病気ではなく、まさに大人になるための正常な反応に過ぎません。成育環境に問題がなければ待つことも重要です。自律神経経年変化


産後うつの正体

 女性が妊娠をすると、女性の体は胎児の成長につれて、より多くの栄養を運ぶために、血流を高めるように徐々に交感神経優位に変化していきます。妊娠後の女性の体に変化は、自律神経バランスの変化ということもできます。
 出産を迎えると、女性の体からいきなり胎児が居なくなります。この際、出産した女性は、目的の胎児が居なくなるにも関わらず、交感神経優位の状態にさらされることになります。この交感神経優位の状態から、元に戻るためには約1か月必要となります。この間、十分な休養を取ることが出来なければ、中々、交感神経優位の状態が解消されないということになります。産後の肥立ちが悪いというのも、この交感神経優位の状態が続くことといえます。少なくとも産後1か月は、周囲のサポートの元で十分に休養することが、自律神経バランスの回復に必要です。
 こうした女性にとっては、ある当たり前の産後の不調を『産後うつ』と捉え、交感神経優位に誘導する抗うつ薬や抗不安薬を投与することは、自律神経のバランスをさらに悪化させることになります。
  1. 2014/11/12(水) 12:06:38|
  2. 自律神経
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自律神経バランスを整える

自律神経バランスを整える

自律神経バランスを整えることは、あらゆる難病の解決の糸口になる可能性があります。病気になったから自律神経のバランスが崩れたのか、自律神経のバランスが崩れたから病気になったのか、これは鶏と卵の関係と同じで、ともに真なりです。
栄養療法を用いた治療は、特に神経系の疾患に対して有効ですが、それも腸がきちんと栄養を吸収し、各種ホルモンが分泌されたり、生成されたりする必要があります。栄養が吸収されることも、ホルモンの分泌、生成も副交感神経優位でしか行われません。副交感神経優位にする薬剤はありますが、そうした薬剤は、一時的に効果はあっても、人体は代償的に自分で自律神経バランスを整える力を失います。それゆえ、自律神経バランスを整えるためには、人体の持つ治癒能力に頼らざるを得ません。
副交感神経優位に持っていくためには、まず、体温が上がらねばなりません。冷え性の女性が、様々な婦人病、がんに罹りやすいのは、やはり交感神経優位で体温が低いからです。まず冷え性を改善する方策が重要です。体温が36.5位の方は副交感神経優位なのです。半身浴や低温サウナなどが有効です。
漢方や鍼灸も有効です。ただし、漢方も薬ですから、当然、交感神経優位をもたらすものもありますので、注意が必要です。また針治療においても、局所的に効果があるツボは交感神経を刺激し、全身に効果のあるツボは副交感神経を刺激するようです。漢方や針治療を行う場合には、このあたりに注意する必要があります。
そして何より、交感神経優位になる最大要因はストレスです。また交感神経優位の方は非常にストレス過敏になっています。したがって、ストレスなくゆっくりと静養できる環境や直面している問題の解決が重要です。
  1. 2014/11/12(水) 12:08:11|
  2. 自律神経
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。