被害者にならない為の知識-精神薬を学ぶ-

精神医療被害連絡会 公式メールマガジンユーザーの為のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

各国のベンゾジアゼピン規制状況

〇各国のベンゾジアゼピン規制状況(ウィキペディアから抜粋)

アイルランド

アイルランド保健サービス(HSE) - 不安(GAD)や恐怖症の治療においてベンゾジアゼピンは短期間では有効ではあるが、依存と離脱の問題があり長期間投与してはならず、一般的には最大4週間までである。4週間以上の投与では依存ポテンシャルが生じ、かつ効力は失われる。断薬は徐々に行うべきである。入眠に利用されるベンゾジアゼピンには全て依存性が生じる。

イギリス

医薬品安全性委員会(MHRA配下)のガイドライン - ベンゾジアゼピンは短期間の救済措置(2~4週間のみ)のみの適用である。ベンゾジアゼピンはうつを引き起こしたり悪化させ、また自殺の危険性を高める。国民保健サービス (NHS) ベンゾジアゼピンと睡眠薬における処方および離脱ガイドライン - 2~4週以上の処方について認可しない。英国国民医薬品集(BNF) - ベンゾジアゼピンは、深刻で患者に支障をもたらす耐え難い不安に対しての、短期間の救済措置(2~4週間のみ)の適用である。中程度の不安に対してのベンゾジアゼピン処方は不適用である。

オランダ

オランダ医療保険委員会(オランダ語版)(CVZ)の勧告 - 不安へのベンゾジアゼピン投与は、依存リスクがある一方で効用が減少するため、最大でも2ヶ月に留めることを勧める。4ヶ月以上の服用者は依存と離脱を避けるための断薬を行うべきである。

スウェーデン

医療製品庁(MPA) - 不安の薬物治療ガイドライン - 薬物依存を引きこすため、不安の薬物療法にベンゾジアゼピンは避けなければならない。薬物中毒の可能性があるためベンゾジアゼピンは数週間以上の治療には推奨されない。MPA - 不眠症の薬物治療ガイドライン - 現在推奨される睡眠薬はゾピクロン・ゾルピデム・ザレプロンなどの短半減期薬である。長期間の睡眠薬利用は薬物依存を引き起こす。

デンマーク

国家保健委員会 の勧告 - 鎮静薬(ベンゾジアゼピンおよび類似薬)の処方は通常短期間(数週間)に留めるべきであり、長期処方は推奨できない。国家保健委員会の依存性薬物処方ガイドライン - 全般性不安障害、パニック障害、不安障害の第一選択肢は抗うつ薬である。依存性があるため、ベンゾジアゼピンの処方は非薬物療法など、それ以外の方法全てで治療できない場合のみに限定されなければならない。処方期間は4週間を目処にしなければならない。長期間の治療は避けなければならない。

フランス

厚生省医薬品情報 - ベンゾジアゼピン投与は可能な限り短期間・小量でなければならず、不安治療では12週、不眠症治療では4週を超えてはならない。フランス高等保健機構(フランス語版)(HAS) - HASはフランスが欧州において睡眠薬の大消費国であることを問題としており、処方は最大30日までと勧告しているが、調査では65歳以上人口の27%が慢性的に服薬しており、断薬ガイドラインを公開している。

ノルウェー

国家保健委員会: ベンゾジアゼピンの日常投与は4週間を超えてはならない。

カナダ

保健省・薬物利用評価助言委員会 (DUEAC) の勧告 - ベンゾジアゼピンの長期的処方にはリスクが存在する。不安、不眠について適切な使用および薬物依存を避けるために、新規処方は注意深く観察すべきであり、処方期間は限られるべきである(不安には1~4週、不眠には14日まで)。

オーストラリア

南オーストラリア州保健局 - ベンゾジアゼピンは短期治療では有用だが依存性が知られており、2~3週間以上の使用では依存が形成される。

ニュージーランド

保健省医薬品・医療機器安全庁(Medsafe)の不眠治療に関する勧告 - 鎮静薬およびベンゾジアゼピンは通常短期間に限るべきである。長期間のベンゾジアゼピン服薬者は徐々に減薬・断薬を行うべきであり、数か月以上かけた減薬で離脱症状を軽減できるであろう。

香港

香港政府衛生署の睡眠薬ガイドライン - 耐性・依存性・離脱症状が生じるため、ベンゾジアゼピンおよびZ薬の使用は深刻かつ支障のある不眠の場合に限り、可能な限り短期間にとどめるべきであり、服用は4週間を超えてはならない。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/27(月) 00:29:05|
  2. ベンゾジアゼピン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

米国ベンゾジアゼピンの歴史


1950年代 最初のベンゾジアゼピン系薬品が開発され発売
1960年代 製薬会社の安全という主張に対し、FDAには離脱症状に関わる報告が寄せられ始めた。FDAは、聴聞会を開いたがアンフェタミンやバルビツール酸系に課したような法的規制は敷かなかった。
1975年 米司法省がベンゾジアゼピンを、規制物質法スケジュールⅣ薬物に分類するよう要請したことにより、市民に対しベンゾジアゼピンの危険性が明らかになった。200万人のアメリカ人がベンゾジアゼピンに依存している言われ、その数は国内のヘロイン患者の4倍に上った。フォード大統領夫人もその一人で担当医ジョセフ・バーシュは、トランキライザー(抗不安薬)の乱用は「アメリカ最大の健康問題」だと述べた。
1976年 エドワード・ケネディ上院議員はベンゾジアゼピンの危険性に関し、公聴会で「ベンゾジアゼピンは、治療と回復が至って難しい依存性と中毒性という悪夢をもたらした」と発言した。ホワイトハウス薬物政策局と国立薬物乱用研究所は、学術文献を検討した末、ベンゾジアゼピンの睡眠促進効果は2週間以上続かないとの結論を下した。続いて英国医薬品評価委員会もベンゾジアゼピンの抗不安作用は4か月以上持続しないことを確認した。同委員会は、「ベンゾジアゼピン療法を行う患者は入念な選定と監視が必要であり、短期的使用に限って処方すべき」と提言した。
しかし、米国における1975年の処方数1億3000万件から1980年には7100万件へと減ったが、その後、処方数は減らず2007年8300万件と減っていない。

*日本の一人当たりのベンゾジアゼピン消費量は、抗不安薬で米国と同等、睡眠薬では8倍以上(2007-2009)
>
  1. 2014/01/27(月) 00:32:39|
  2. ベンゾジアゼピン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。