被害者にならない為の知識-精神薬を学ぶ-

精神医療被害連絡会 公式メールマガジンユーザーの為のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログのご紹介-最初にお読みください

 本ブログは、精神医療被害連絡会の読者専用ブログです。コンテンツの閲覧の為には、精神医療被害連絡会のHPより購読の申し込みを頂く必要がございます。


コンテンツのご紹介

本コンテンツには、無料公開コンテンツと有料コンテンツがございます。
また、連載ものは、左のカテゴリからお読み頂くと最初から順番にお読み頂けます。

【被害者にならない為の知識】精神医療被害連絡会責任編集
*メールマガジン公開に合わせ1か月ほどは一般公開致します。過去分の購読は有料申込みをお願いします。

 「安全な良い薬が出来ました。」「眠れないのは鬱のサイン。」製薬会社と一部の精神科医によって広められた精神科受診キャンペーン。心のケアを旗印に掲げながら、その実態は向精神薬による薬物治療に偏り、医師による誤った薬の処方により沢山の方が薬の副作用に苦しんでいます。こちらのコンテンツでは、最新の論文、医薬品情報などから、正しい薬の情報を厳選し、皆さまに提供いたします。自分の身は自分で守らねばなりません。

【連載:死者に学ばぬ国】中川聡著
*有料コンテンツ

 精神医療の恐ろしい被害の実態を明らかにし、その被害をもたらした日本社会の荒廃の原因を探ります。7年に渡り、この問題に取り組んできた著者が、その過程で知り得た知識を全て皆様にお伝えします。それにより、読者の皆さまのこの問題に対する理解が深まり、この社会で生き抜くヒントになることを願い書きおろしました。


【投稿:薬剤性パーキンソニズム】
*無料コンテンツ

 お母様を変わり果てた姿に変えた切っ掛けは、あるクリニックから処方されたデパスであった。病気の悪化に伴い様々な病院を頼り、裏切られ続けた日々、介護における苦悩、そして最後に得た奇跡のような救い。その赤裸々な日々の記録。老人への向精神薬の投与の危険性、杜撰な医療の実態をお伝えします。

スポンサーサイト
  1. 2012/07/01(日) 17:18:41|
  2. ブログ紹介-最初にご覧ください
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。