被害者にならない為の知識-精神薬を学ぶ-

精神医療被害連絡会 公式メールマガジンユーザーの為のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あるPSW(精神保健福祉士)の見た真実

私は、地域のソーシャルワーカー(精神保健福祉士)です。某相談機関で、精神疾患や精神障害を抱える方たちの、生活支援をしています。

もともとは新卒で精神科病院のワーカーをしていましたが、近年の患者層多様化や、治療への疑問と、患者だけでなくあらゆる人が医療に頼りすぎている現状を、自分が地域へ行くことで少しでも何とかしたいと思い、転職しました。

地域に来て一番感じることは、「地域コミュニティの崩壊、機能停止」です。お隣さん、ご近所、自治会、こども会、成年部会、民生委員、世話焼きのおばさんなど、私が子供の頃は、良くも悪くもいろいろなコミュニティがあり、何となく変わっている人や困った人も、地域が当たり前のように(やむを得ずだったのかな?)受け入れ、共存していました。

私が田舎の出身だからかもしれません。父親が床屋で、とにかく多様なお客さんを相手に、話したり、励ましたり、正面切って怒ったりしているのを、見て育ったからそう感じるだけなのかもしれません。

しかし今、私が担当する地域で暮らす、精神科に通院している人たちは、みんな孤独で余裕がなく、自分のことで精一杯。何かあるとすぐ不安になったり何かのせいにしたり、職員に何とかしてもらおうとしたり、自己防衛に必死です。現実を直視できずODやリストカットを繰り返す人もいます。

医療職や福祉職ではない、ちょっとした相談ができる人や話し相手は少なく、孤独な暮らしをしています。老若男女問わずです。むしろ、そういう「当たり前の人間関係」を、病気や障害という理由で、あえて避けているようにも見えます。職員ならば、理解してくれるだろう、むしろ理解すべきだと。これまでの人間関係で、きっとたくさん傷つき、それを自分で振り返ることもできず、支えてくれる人もおらず、全てが怖くなっているのだと思います。

そして、国はその崩壊したコミュニティを再生させる動きは全くせず、むしろそれを福祉の私たちに「サービスとして提供するように」と求めて来ていると感じます。居場所も、話し相手も、相談も、就労も。悪法と言われた障害者自立支援法が、大いにそれを表しています。障害者は、福祉のサービスを使って、働けるようになりなさい。職員は、働けるように指導しなさい、居場所を作りなさい、彼らを福祉で抱えなさい。という意図を感じます。

それって、本当に幸せでしょうか。
私の事業所には日々、何てことない話相手欲しさの電話が異様に多く、私たちは、その中に紛れる深刻な相談を取り逃さないよう必死です。

そして、孤独な人たちは、駆け込んだ精神科での過剰な診断や投薬に何年も何十年も翻弄され、依存させられ、社会参加はできない、身体を壊す、さらに孤立していく。そして、最悪の事態につながる。

私は、関わっていた方の突然死を、何度も体験しました。自殺ではありません。ある日突然、自宅で倒れているのです。第一発見者になったこともあります。

彼らは、何十年も大量に精神薬を飲み、社会参加できず孤立して、医療、福祉関係者とだけのつきあいになっていました。長年の服薬による身体への負担、そして孤独と孤立。

くせはあるけど、愛すべきキャラクターの方ばかりです。

彼らはきっと、こんな死に方を望んではいなかった。当たり前のように多剤大量処方をしてきた精神科医療の、それに従い彼らを抱え込んできた福祉の、そして多くの問題を見ないふりし続けた社会の、犠牲になったのだと思います。

若い人たちや子ども、そして高齢者までもが、メンタルの不調を訴えて精神科や心療内科へ簡単に行く現状。

この人たちも、突然死や自殺のリスクを抱えているのです。いつ亡くなってもおかしくない。

このままでは、この国は滅びてしまう。そう思い、情報をたぐり寄せ、中川さんや内海先生にたどり着きました。

同業者や関係者の中で、同じ想いの仲間に、未だ出会えていません。みんなに言っても苦笑いだし、声をあげることには及び腰です。私は、こうやって発信していくことで、さらに、業界からは孤立していくかもしれません。

でも。目の前の相談者と、とことん向き合う日々が、やりきれない自分の感情が、全てを物語っており、目を背けてはならないと思いました。

病気なんだから、障害者なんだから、援助してよ。何とかしてよ。そうやって不器用に、でも必死で来る相談者たちが後を絶ちません。

これは、そうやって依存してくる本人の自己責任だけの問題でしょうか。

違う。

これは、たくさんの問題が複雑に絡み合った、完全な社会問題です。

病気じゃない人まで、過剰な医療で病気や障害者にさせられている。
そしてそうなってしまうと、もう抜けられない。
薬を減らしたり、やめるための医療や施設はない。

この人、薬全部やめてみたらどうなるかな。もっと楽に生活できるんじゃないかな。
そう思っても、やってみましょうと言う精神科医はいない。試すことすら許されない。

だったら私たち地域にもっとお金をつけてくれれば、24時間体制で訪問に行き、減薬、断薬の援助ができるのに。

福祉に投じる予算はケチっているくせに、精神科医療の失敗が、社会の問題が、当たり前のように、最後の受け皿として、福祉に丸投げされている。

福祉の現場は、それに気づかずに、いや、気づきながらもどうすることもできず、どんどん疲弊している。

疲弊した現場は、自分たちが扱いづらい利用者を、自然と排除する仕組みを作っていく。

福祉に排除された人たちは、社会から完全に排除され、さらに孤立していく。

社会問題を、福祉が尻拭いするのはおかしい。

病気や障害があってもなくても、安心して人とつながれる、誰もが孤独にならない、孤立しない社会。もっとシンプルに、まっすぐに、自分も周りも思いやることができる社会へ。そこに、精神科医療が入る隙はない。

具体的にできることを、あきらめずにやっていきたいです。

まずは、薬の知識をもっと深める。精神科医療で当たり前とされている治療や投薬を疑う。真実とちゃんと向き合うこと。それを多くの人へ、発信すること。

理想だとか抽象的だとか言われても構いません。私はソーシャルワーカーであり、地域で生活する全ての人の、「権利擁護」が使命です。

組織に属している関係上、この場で実名は出せませんが、一緒に活動してくれる関係者のみなさまを、心から待っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/08(水) 23:38:28|
  2. 投稿-あるPSW(精神保健福祉士)の見た真実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。