FC2ブログ

被害者にならない為の知識-精神薬を学ぶ-

精神医療被害連絡会 公式メールマガジンユーザーの為のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英国心理学会、"臨床心理学部門" による意見表明

○ 英国心理学会、"臨床心理学部門" による意見表明
Division of Clinical Psychology Position Statement on the Classification of Behaviour and Experience in Relation to Functional Psychiatric Diagnoses
機能的精神医学的診断に関し、行動と経験の分類に対する臨床心理学部門 (DCP) の意見表明

Time for a Paradigm Shift
パラダイム・シフトを起こす時

The DCP is of the view that it is timely and appropriate to affirm publicly that the current classification system as outlined in DSM and ICD, in respect of the functional psychiatric diagnoses, has significant conceptual and empirical limitations. Consequently, there is a need for a paradigm shift in relation to the experiences that these diagnoses refer to, towards a conceptual system not based on a ‘disease’ model.
機能的精神医学的診断という点から、DSM やICD に述べられる現在の分類体系には重要な概念上および経験的限界があることを公式に表明することが、適時かつ適切であるとDCPは考える。従って、これらの診断に言う経験に関し、『疾患』モデルに基づかない概念体系へのパラダイム・シフトが必要である。

“…it should be noted that functional psychiatric diagnoses such as schizophrenia, bipolar disorder, personality disorder, attention deficit hyperactivity disorder, conduct disorders and so on, due to their limited reliability and questionable validity, provide a flawed basis for evidence-based practice, research, intervention guidelines and the various administrative and non-clinical uses of diagnosis.”
統合失調症、双極性障害、人格障害、注意欠陥多動性障害、行為障害などの機能的精神医学的診断は、その限られた信頼性と不確かな妥当性ゆえに、エビデンスに基づく診療、研究、介入の指針、またその診断の行政的および非臨床的使用には、不備のある根拠を供するものである。

http://www.madinamerica.com/wp-content/uploads/2013/05/DCP-Position-Statement-on-Classification.pdf
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/05/24(金) 11:43:36|
  2. 海外情報(myuさん投稿)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うつ病のスクリーニングには有力なエビデンスがない | ホーム | 精神医療の顧客獲得大作成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mailmagazine997.blog.fc2.com/tb.php/61-01cb04fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。